<br />
<b>Warning</b>:  Use of undefined constant ‘title’ - assumed '‘title’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in <b>/home/kasugatoshokan/www/production/wp-content/themes/kasugatosho/header.php</b> on line <b>72</b><br />
春日市民図書館

文字サイズ

本の紹介

国ってなんだろう 2017年12月号

市からのお知らせ 2017年12月号より

国ってなんだろう

イギリスやスペイン、イラクなど、世界各地で独立運動が起きる一方で、「イスラム国」の勢力範囲が縮小したというニュースが流れましたが、ミサイルの脅威だけでなく、今年は、国家という枠組みそのものについて意識する機会の多い年でした。「国ってなんだろう」。あらためて考えてみる必要がありそうです。

『国家学のすすめ』

坂本多加雄/著 筑摩書房 311/サ【書庫】
「国家はフィクション」などといっている日本人の国家意識の希薄さに警告を発し、国家に関わる仕事を「自分自身の問題だと考えるようになる度合いに応じて、私たちは国民になる」のだと説きます。「実在」する国家としての日本について、地理的・歴史的環境に即して再考した、現代日本人への国家学のすすめです。

『国ってなんだろう?-あなたと考えたい「私と国」の関係』

早尾貴紀/著 平凡社 YA311/ハ【棚21】
国について考えることは、自分について考えること。「今の国家のありかたは終わろうとしているの?」、「イスラム国がでてきたのはなぜ?」、私たちにとって国家とは何なのか、日本とはどんな国なのか、国民国家はこれからどうなるのか、中学生といっしょに、その根源まで遡って、わかりやすく、やわらかく考えていきます。

『民族とネイション-ナショナリズムという難問』

塩川伸明/著 岩波書店  311.3/シ【棚40】
ロシア現代史を専門とする著者が「エスニシティ」、「民族」、「国民」などの基本概念を簡潔にわかりやすく整理し、ナショナリズムの歴史的変遷とそのメカニズムを読み解いた本。世界各地の紛争のもとになっている「ナショナリズム」を理解するための入門書として利用できます。

※ホームページ内で使用する本の表紙写真は、出版社の許諾を得て使用しています。


バックナンバーはこちら

スマートフォンサイトはこちら

カレンダー

休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
毎月最終木曜日
年末年始(12月28日~1月4日)
特別整理期間
開館時間
9:00〜19:00(火〜木・日)
9:00〜20:00(金・土)
  • 子どものページ
  • 移動図書館たんぽぽ号
  • 知的書評合戦 ビブリオバトル
  • 図書館キャラクター くるくる
  • 雑誌スポンサー募集
  • 福岡県内横断検索