<br />
<b>Warning</b>:  Use of undefined constant ‘title’ - assumed '‘title’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in <b>/home/kasugatoshokan/www/production/wp-content/themes/kasugatosho/header.php</b> on line <b>72</b><br />
春日市民図書館

文字サイズ

本の紹介

~霜月の楽しみ方~ 2019年11月号

2019年度より、市報への掲載が奇数月のみとなったため、
今後「時の話題」ページの更新は2ヶ月に1度です。
市からのお知らせ 2019年11月号より

霜月の楽しみ方

11月は、錦秋から霜降る月へ、季節の彩りが短い間に移り変わります。人々は一年の実りを喜び、長い冬の準備を始めます。街ではクリスマスに向けてイルミネーションが点灯し、冬のイベントを前に賑わいを見せ始めます。今回は11月をより楽しむための、おすすめの3冊をご紹介します。

『衣・食・住の記念日事典』

加藤迪男/編 日本地域社会研究所
11月11日が「下駄の日」、「ポッキー・プリッツの日」はしっくりきますね。では「アパート記念日」や「紅茶の日」が11月にあるのはなぜ?暮らしに密着した記念日について、その成り立ちや歴史の背景などにも触れられて楽しめる一冊です。「今日は何の日か知っている?」と、つい話してみたくなります。

『柿づくし』

浜崎貞弘/著 農山漁村文化協会
晩秋の日本の農村の原風景に、たわわに熟した柿の実と紅葉した照葉を記憶している方も多いのではないでしょうか。本書では食用としての柿の実や葉の調理法から、柿渋染めの布など、昔から身近に有る柿の魅力が紹介されています。11月は柿の旬、栄養価の高い柿をおいしく食べて、寒い冬に備えましょう。

『ジゼル』

秋吉理香子/著 小学館
バレエの演目「ジゼル」。東京グランド・バレエ団で、とある事件からタブーとされてきた「ジゼル」が、創立15周年の記念公演の演目に決定し、如月花音は準主役に選ばれます。ところが「ジゼル」の公演が決まってから、バレエ団では不可解な事件が起こり始め・・・。秋の夜長におすすめのミステリー作品です。


※ホームページ内で使用する本の表紙写真は、出版社の許諾を得て使用しています。


 

バックナンバーはこちら

スマートフォンサイトはこちら

カレンダー

休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
毎月最終木曜日
年末年始(12月28日~1月4日)
特別整理期間
開館時間
9:00〜19:00(火〜木・日)
9:00〜20:00(金・土)
  • 子どものページ
  • 移動図書館たんぽぽ号
  • 知的書評合戦 ビブリオバトル
  • 図書館キャラクター くるくる
  • 雑誌スポンサー募集
  • 福岡県内横断検索